--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ ランキングに参加しています☆気が向いたらぽちっとしていただけるととっても嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月~08年3月生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

↓↓↓ こちらにも参加してみました!ぜひ、ポチッとよろしくお願いします(*_ _)
blogram投票ボタン

↓↓↓ 足跡代わりに押していただけると、お礼画面に息子が登場します。
拍手する


スポンサー広告
2008/06/21.Sat

YAMAHAショールーム

今日は、打ち合わせの前にYAMAHAのショールームに行ってきました。
キッチンとバスルームを見ようと思いまして。

キッチン、ものすご~く悩んでおります %8A%BE02
キッチン研究」でも書いたのですが、工務店で家を建てようと思った経緯もあり、自分でいろんなメーカーのキッチンを調べていたのです。

その上で私が選んだキッチンはノーリツのエスタジオ。

しかし、住林の標準キッチンとして選べるのは、YAMAHA、サンウェーブ、永大産業。

もちろん、ノーリツのキッチンを入れることも可能です、
が、しかし、

差額が100万円近く発生するということなのです。

100万円・・・でかいです!でかすぎです!!! %82%AA%82%C1%82%AD%82%E8

それがなくとも予算のオーバーは避けられない状態ですし、
ノーリツでなくとも、一流メーカーのキッチンが選べるのです。

しかし、設計士さん曰く

「毎日使うものですからね、後悔のないようお好きなキッチンを選ばれた方がいいです」

そうなんですよねぇ・・・毎日使う場所であり、主婦としては妥協できない部分なんです %82%DE%82%A3%81E%81E%81E

それでも100万円の差額は大きく、ここ数日、葛藤の日々が続きました。
住林標準のキッチンの中で選ぶとすれば、YAMAHAです。

で、とりあえず、ヤマハのキッチンを見に行こうとういことになったのです。

既に一度訪れたことのあったショールームでしたが、前回はサラリとしか見なかったので、今度は改めてYAMAHAのキッチンの魅力について説明していただきました。

YAMAHAのキッチンでとても魅力的なのが、人造大理石カウンターとシンクの強度でした。
ノーリツでは人大のシンクにはどうしても傷が付きやすいので、マットを敷くよう勧められました。
しかし、YAMAHAのシンクはとても強く、上から缶を落としても傷は付かないし、細かい傷なら市販のナイロンスポンジで簡単に補修できるとのことなのです。
ワークトップに熱い鍋をおいても全然大丈夫とのこと。
実験コーナーで実際に見せていただきました。

総合的に考えて、ノーリツよりもYAMAHAの方がいいのかな・・・。
心はYAMAHAに揺れてきたのでした。

ヤマハキッチン

そしてもうひとつ、システムバス。
住林標準で選べるのは、YAMAHAと日立ハウステック。

こちらはバスタブの曲線のデザインが好きでYAMAHAにしようということになりました。
とりあえずバスタブに入ってみようとした瞬間・・・痛いっ!
バスタブのちょうど真ん中あたりについているハンドグリップに背中を打ち付けてしまったのです。
このハンドグリップ・・・いらない。
ショールームでいただいたカタログによると、人工大理石のバスタブの場合のみこのハンドグリップがつくとのこと。
FRPならつかないとのことです。
バスタブが人工大理石である必要性もそれ程感じないし、ここはFRPでいっか、ということになりました。

ヤマハお風呂



↓↓↓ ランキングに参加しています☆気が向いたらぽちっとしていただけるととっても嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月~08年3月生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

↓↓↓ こちらにも参加してみました!ぜひ、ポチッとよろしくお願いします(*_ _)
blogram投票ボタン

↓↓↓ 足跡代わりに押していただけると、お礼画面に息子が登場します。
拍手する


住宅設備あれこれ。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。