--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓↓ ランキングに参加しています☆気が向いたらぽちっとしていただけるととっても嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月~08年3月生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

↓↓↓ こちらにも参加してみました!ぜひ、ポチッとよろしくお願いします(*_ _)
blogram投票ボタン

↓↓↓ 足跡代わりに押していただけると、お礼画面に息子が登場します。
拍手する


スポンサー広告
2010/10/06.Wed

炊飯器と家財保険。つづき

2010092810


昨日の続きで、今日は家財保険に関するお話です。
覚書として残しておきたかったので・・・少しややこしい話になりますが、興味のある方はお付き合いください


我が家の炊飯器、真相は定かではありませんが、たぶん落雷による故障、ということで、ものは試しに家財保険の申請をしてみようと思い立ちました

故障のあと旅行に行っていたりしたので、1週間以上経過してしまいましたが・・・しかも、すでに新しい炊飯器を購入してしまった後でしたが・・・JA共済に電話をしてみたところ、すぐに担当の方が家に来てくれました ピーポー♪

故障直後でなかったこと、新しいものを購入してしまった後だったこと、については特に問題ないそうです

ただ、保険を申請するにあたっては「落雷損害証明書」なるものが必要らしく、その証明書の記載を修理なり新しい商品を購入するお店に依頼するとスムーズにいくとのことでした。

それが、町の個人営業の電気屋さんだったりすると、その証明書をすんなり書いてくれるらしいのですが、大型家電量販店では断られるケースがあったり、メーカーに依頼されるため有料になるケースがあるとか!

ちなみに我が家で新しい炊飯器を購入したのは、大型家電量販店のY電機、故障した炊飯器を購入したのはK電機
購入してからかれこれ8年以上経つので、保証はとっくに切れてますけどね

とりあえず、Y電機とK電機に「落雷損害証明書」の記載をしてくれるかどうか電話で確認してみることにしました。

すると、どちらのお店も自分の店で書くことはできないので、メーカーに依頼することはしてくれるとのこと。
しかし、有料になりますよ、と
金額は依頼するメーカーによって違うとのことでしたが、だいたい2千円~3千円くらいだそうです。
ちなみに我が家で使っていた炊飯器は東芝のもの(特にこだわりがあるわけではないんですが、新しく買ったのもたまたま東芝でした;)

Y電機とK電機・・・電話の対応がよかったのがK電機だったので、K電機に証明書の発行を依頼することにしました。
(てか、Y電機ってホント、対応悪いよねぇ・・・新しいのもK電機で買えばよかったよ)

修理可能商品の場合は、証明書には修理費を、修理不能の場合は商品金額をメーカーに記載してもらい、その金額をもとに家財保険でおりる金額が決まるそうです。

我が家の場合は「修理可能」で、その金額は約16,000円でした。

損害証明書の発行手数料として、3,900円請求されました。
記載手数料+故障原因を突き止めるための分解代(これは修理を依頼するならかからない費用らしい)だそうです。

ちなみにK電機仕様の損害証明書(というか修理内訳書みたいなもの?)だったら手数料なしで発行してくれるそうです。
ただ、保険会社によって、その証明書でも認めてくれるところもあればダメなところもあるそうなのでJA共済に問い合わせてみたところ、JAの場合は指定の損害証明書でなければだめということだったので、仕方なく手数料を払ってメーカーに記載を依頼しました。

お盆の時期にちょうど当たったため、損害証明書の発行には少し時間がかかりましたが、8月の下旬には証明書をJA共済のほうに送りました。

そして9月の中旬には、口座にお金が振り込まれていました。
修理費に対してどのくらいの割合保険がおりるのかは、賭け金によって違うそうです。

我が家の場合は、修理費16,000円に対して、おりた保険金は18,384円でした。
最大でも修理費の金額だと思っていたので驚きました でも、ラッキー♪

まぁ、実際は修理をしたわけではなく、新しく購入した炊飯器代を完全に賄えたわけではないんですけどね・・・でも、申請してみてよかった


それにしても落雷も怖いですね・・・
保険に入る時に、ここら辺の地域では落雷による被害が多いとは聞いていましたが、2年もたたないうちに保険を申請することになるとは。

今回は壊れたのが炊飯器だったからこの程度の金額ですみましたが、下手するとテレビやエアコン、電気温水器(エコキュート)なんかも壊れるケースがあり、その場合、うん十万円といった修理費がかかってくることもあります、と保険会社さんが言っておりました。
今年の7月・8月は落雷の被害も多く、忙しかったようです

家財保険、入っておいて本当によかった。
ちなみに壊れたのが家本体にくっついているようなエアコンや電気温水器の場合は家財保険ではなく火災保険の対象になるんだそうです

それと、今回担当してくださった保険会社の人がとても親切なのが嬉しかったです
保険会社の人って保険に入るまではすごい熱心で親切に対応してくるけど、入った後対応が変わることありませんか?
このちょっと前に医療保険の担当者のことでモヤモヤしていたこともあり、JA共済の人の対応はなおさらよく感じたのかもしれませんが。。。


以上、長くなりましたが、家財保険に関する覚書でした



↓↓↓ ランキングに参加しています☆気が向いたらぽちっとしていただけるととっても嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 2007年4月~08年3月生まれの子へ  にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月~11年3月生まれの子へ

↓↓↓ こちらにも参加してみました!ぜひ、ポチッとよろしくお願いします(*_ _)
blogram投票ボタン

↓↓↓ 足跡代わりに押していただけると、お礼画面に息子が登場します。
拍手する


新居生活のこと。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。